暑がりだと思っていたら、実は「冷えのぼせ」だった?

ここ数年の日本の夏は猛暑続き。かなり身体に堪える暑さですよね。

こうも暑いと私は顔から汗が噴き出て止まらなかったり、首から上がほてってのぼせるような感じがしたり。

私はそんなことがよくあります。

冬は冷え体質だけれど、夏は汗っかきで暑がり。

そのような認識をずっと持っていたのですが、実はこれ、どうやら「冷えのぼせ」の症状のあらわれだったようで…

 

 

スポンサーリンク

そもそも冷えのぼせって?

冷えのぼせとは、冷え性のなかでも特に重度にあたる症状のこと。

手足などの末端や下半身は冷えているのに上半身はほてっている、頭がのぼせてボーっとするなどの症状が出てきます。

上半身に汗をかいたり熱感を覚えるため、身体が冷えているということを自覚しにくいのが特徴です。

 

冷えのぼせの原因のひとつは、自律神経のバランスの乱れ

夏はエアコンの使用や冷たいものの摂取など、冷えを招きやすい条件が揃っています。

さらに、屋内外との温度差も自律神経のバランスが乱れやすいもととなり、身体機能のコントロールが正常に効かなくなってしまいます。

ゆえに、冷えだけではなく、ほてりやめまい、 生理や睡眠のトラブルなどに見舞われたりなどの悪循環が生じてしまうのです。

 

冷えのぼせの人がやってはいけないこと

そんな冷えのぼせ体質の私が、実際にやってしまっていた間違いがあります。

それは、「首を冷やす」こと。

頭がのぼせたり、ほてりを感じると、どうしても身体にこもっている熱を冷ましてやらねばと考えてしまいますよね。

熱中症対策の一つとして、首や足の付け根など、太い血管が通っている場所を冷やすのが効果的だとも言われていますし。

 

でも、これは冷えのぼせの人にとってはかえって逆効果となってしまうそうです。

首を冷やすと血流やリンパの流れが滞り、自律神経のバランスを崩してしまう原因に。

良かれと思ってやっていたことが、ますます冷えのぼせの症状を悪化させてしまっていたのかも。

そう思うとショックですね…

 

冷えのぼせの人は、むしろ首の後ろを温めることを意識していくと良いそうです。

副交感神経が優位になって自律神経のバランスが整うほか、 首には太い血管とともに 頭部を支える筋肉も備わっているため、全身に温まった血液をスムーズに送りこむことが出来て血液の循環も良くなるそうです。

それと同時に、特に冷えを感じやすいお腹や足首などを温めることも意識してみると良さそうです。

 

冷えのぼせを解消するためには?

冷えのぼせは、下半身の血流が悪くなることによって起こりやすくなると言われています。

下半身の血液循環を促すためには、適度な運動をして筋肉を鍛えてあげることが大事です。

でもそれは頭では分かっているんだけど、いざ毎日の習慣にしようと思うとなかなか難しかったりしますよね。

私も気候が良くて快適なときは、近所を散歩したりとか、自転車で出掛けたりなどの軽い運動を心掛けていますが、天気の悪い日や猛暑の炎天下の中を出歩くのは、どうしても億劫になっちゃいます。

 

そんなときに私が実践しているのが、こちらのサイトに載っているトレーニングです。

≪参考リンク≫オムロンヘルスケア・カラダ美化コラムより:【雨の日におすすめトレーニング】

 

ティッシュの箱を床に置いてそれをまたぐだけという、なんともお手軽なトレーニング。

一見簡単そうに見えますが、これが実際にやってみるとけっこうキツいんですよ(>_<)

数回往復するだけで、もう足がパンパンになります。

単純に私が運動不足なだけかもしれませんが…

別にティッシュ箱とか置かなくても、その場で足上げ運動でもしてりゃ良いんじゃないの?と思うかもしれませんが、何か目標物を置いておいた方が、足をきちんと上げてまたがなきゃという意識が自然と働くので、結果的に効率よく下半身を鍛えることができると思います。

 

私も、この時期はどうしてもエアコンの効いた部屋に引きこもりがちになるので、時々こうして身体を動かすように意識していきます。

冷えのぼせが改善することを願って…。

 

 

スポンサーリンク