経口補水液とスポーツドリンクの違いって何?

毎日のように過酷な暑さが続いてますが、こんなときに大事になってくるのが、言うまでもなく水分補給ですよね。

あなたは普段、水分補給のために何を飲んでいらっしゃいますか?

 

 

お水にお茶にジュース、はたまたコーヒーとか?

コーヒーなどのカフェインが入っている飲み物は、利尿作用があるので、水分補給には適さないという話も聞きますが。

 

水分補給といえば、まず思い浮かべるのが、スポーツドリンク

そして、わりと最近になって、薬局などでよく見かけるようになってきた、経口補水液というものがあります。

一見、類似しているように見えるスポーツドリンクと経口補水液ですが、これらにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

微妙な違いがあるスポーツドリンクと経口補水液

 

ざっくりと簡単にまとめると、水分とミネラル分を補える点は共通していますが、スポーツドリンクは糖分が多め、経口補水液は塩分が多めという違いがあります。

スポーツドリンクは、屋外での作業や運動などで汗をかいたときの、日常的な水分補給に。

経口補水液は、発熱や下痢などを伴う脱水症状が出ているときなどの緊急時の水分補給に利用するのがベターなようです。

 

経口補水液は、過度の発汗などによる脱水で失われた水分と電解質を補う目的で用いられるもの。

体液にとてもよく似た成分で構成されているので、浸透圧も高く、点滴に匹敵する作用があるとも言われています。

ただ、カリウムやナトリウムなどが多く含まれるため、高血圧や心臓の病気などで塩分の摂取を制限されている人は、かかりつけの医師に相談するなどして、慎重に摂取する必要があります。

 

家庭で出来る!手作り経口補水液

 

ところで、この経口補水液、市販されているものもありますが、ご家庭でも作ることができるって知ってましたか?

 

材料は、

‣水…1リットル

‣食塩…3g(小さじ1/2杯)

‣砂糖…40g(大さじ4杯)

 

これらを混ぜ合わせれば、手作りの経口補水液の出来上がり。

このままでは味気なくて飲みづらいと感じるときは、 レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の果汁を加えると、より一層飲みやすくなるそうですよ。

意外とカンタンで、お手軽に作れてしまうんですね。

市販の経口補水液は、お値段が高めだったりしますので、ご家庭で作れば節約にもなるかも?

 

暑い夏はまだまだ続きます。

そのときの体調に合わせて、適切な水分補給を心掛けていきたいですね。

 

 

スポンサーリンク