甘酒が美容と健康に良いと再注目!その栄養素と効果を調べてみた

冬場の冷えた体を優しくあたためてくれる存在である甘酒

今日は、その甘酒の健康効果について調べてみました。

 

スポンサーリンク

甘酒は栄養が豊富に含まれている?

甘酒は、発酵食品のひとつ。それゆえに栄養価が高いことでも知られています。

麹菌による発酵によって生成された必須アミノ酸や、ビタミンB1、B2、B6 そして腸内環境を整える働きがある食物繊維オリゴ糖など。

甘酒にはたくさんの栄養素が凝縮されていることから 『飲む点滴』とも呼ばれています。

はるか昔、江戸時代には、夏バテ予防のために栄養ドリンクとして飲まれていたそうです。

現代は冬に飲まれることの多い甘酒ですが、 本来は夏の飲み物だったんですね。

 

甘酒にも製造工程に違いがある

その甘酒ですが作り方もさまざま。

酒粕を使ってつくるものと、米麹を使ってつくるものがありますよね。

これらには少し違いがあるのですが。

 

酒粕からつくる甘酒にはアルコール分が含まれています。

酒粕は日本酒を製造する過程で出来るものなので、 アルコール分が残るんですね。

甘酒をつくる際には、砂糖を加えます。

 

一方、米麹からつくる甘酒はお米と麹のみでつくられるため、 砂糖は使用していません。

お米本来の甘さだけで出来ています。

アルコール分も含まれていないので、お子様も安心して飲めます。

酒粕を使用した甘酒は比較的お手軽につくれますが、 栄養素を効果的にとりたいと考えるならば、 手間は掛かりますが米麹からつくるほうが良いのかもしれませんね。

 

 

甘酒を日常に取り入れて健康を目指そう

ちなみに私は、 酒粕でつくった甘酒をよく飲んでました。

材料は酒粕と水、 砂糖としょうがも入れてましたね。

ですので、子どもの頃からずっと甘酒は酒粕でつくるもんだと思い込んでいました(笑)

家の外で買って飲む甘酒と家で飲む甘酒とは、 何か微妙に味が違うなとは思っていましたが。

外で買って飲んでいた甘酒は、 おそらく米麹でつくられたものだったんでしょう。

あの優しい甘みがホッとする味わいですよね。

 

最近は缶に入った甘酒や夏場にピッタリの冷やし甘酒といった市販のものも多く出回るようになってきましたし、甘酒メーカーなるものが登場したりと、自宅で甘酒を手軽に作れるようにまでなってきています。

そういった便利なものも上手く取り入れながら、 甘酒の健康パワーを美味しく頂いちゃいましょう!

 

 

スポンサーリンク