ラジオ体操は奥が深い!たった3分間で出来る健康維持エクササイズだった

もうすぐ夏休みも終わりですね。。。

地域によっては、すでに2学期に入っている学生さんもいらっしゃるみたいですが。

 

夏休みといったら、「ラジオ体操」が、まず頭に思い浮かびますよね。

半分寝ぼけつつも、毎朝ラジオ体操のために近所の集会所に出掛けていた、小学生時代が懐かしい…

今はそんな光景が、めっきり減ってしまったような気がします。

 

現在も、早朝の6時30分から、NHKでラジオ体操が放送されていますが、夏休み期間中はちょっと特別なんですよね。

ラジオ体操の先生が全国各地を巡回して、リスナーさんと一緒に体操をする模様が、生放送されているんです。

ラジオ体操の歌をみんなで合唱したりなど、普段とはまた一味違っていて、これを聞くと、夏休みだなぁって感じがします。

 

そんなラジオ体操ですが、3年ほど前に『実はスゴイ!大人のラジオ体操』という本が流行りましたよね。

私も、発売してすぐぐらいに購入しましたよ。

そして今も出来る範囲で続けています。

本当は毎日継続してやるのが理想的ですが、なかなか難しいですからね。

気が進まない日は無理をせず、やりたいときにだけ、しっかり実践するようにしてます。

 

 

スポンサーリンク

歴史は古いが、とても計算されて出来ている

ラジオ体操の歴史は古く、始まりは戦前から。

1928年(昭和3年)に、国民保健体操という名前でスタートしたんだそうです。

その後、改変を経て、今の形式(ラジオ体操第一と第二)になったのが、1951年(昭和26年)のこと。

現在の形になって、60年以上も変わらず続いているんですね。

 

しかも、このラジオ体操、実に奥が深い! ラジオ体操は1セットでおよそ3分間。

その間に行う運動には、早い動きとゆっくりとしたストレッチの要素が絶妙なバランスで構成されていて、全身にある筋肉や関節をくまなく動かすことができるのだそうです。

さらに、有酸素運動と無酸素運動を同時にできるので、脂肪燃焼や代謝アップにもつながるのだとか。

あの3分間に凝縮されている運動は、とても理にかなったものなんですね。

何十年も前に、このラジオ体操を編み出した先人たちはスゴイ!

 

正しいやり方をマスターすることが大切

誰もが一度はやったことがある、なじみ深いラジオ体操ですが、大事なのは、「正しく」行うことだそうです。

正しい動きをきちんと行ってこそ、全身の筋肉をしっかりと鍛え、その効果を実感しやすくなるんです。

 

私も、先ほどの本を参考にしながら実践してみて、自分がいかに間違えて覚えていたかということに気付かされました。

正しい方法に沿って体操をすると、筋肉がピキピキしてくるし、ホントに疲れるんですよ(^_^;)

全身運動って、こういうことかと実感させられますね。

 

それもそのはず、ラジオ体操は、消費カロリーが意外に高めで、ラジオ体操第一と第二を通しで行った場合、およそ60kcalを消費するんだそうです。(体格などにより、個人差はあるそうですが)

ラジオ体操は、ウォーキングやサイクリング以上の運動効果があるというデータもあるそうです。

見た目のイメージに反して、けっこうハードなのかもしれません。

 

年代を問わずにできる安全性の高い体操

とはいえ、ラジオ体操は、ほかの運動に比べてケガのリスクが低く、子供からお年寄りまで無理なく実践しやすい運動であることに変わりはありません。

だからこそ、これだけ長い間、日本の人々に親しまれてきたのだと思います。

正しく継続していけば、肩こりや腰痛の改善、美脚効果や全身のシェイプアップ効果なども期待できるラジオ体操。

健康的にダイエットしたい方や、女性らしいメリハリボディを目指す、美意識の高い方には、もってこいのエクササイズと言えそうです。

 

しばらくラジオ体操から遠ざかっていたというあなた。

もう一度、ラジオ体操の良さを再確認してみませんか。

 

 

スポンサーリンク