夏のような気温になっても鼻風邪の様な症状が続く理由とは?

日中は30度近く、またはそれ以上になっているにも関わらず、何故かいつも鼻水が止まらないとか、くしゃみが良く出ていると言う人が、家族や友人、または職場などに居るかも知れません。

特にこの症状が出ている人は、朝と昼との寒暖差が激しい地域に住んでいる人だったり、冷房が寒い位に効いていたりする部屋で長時間過ごしていたりする可能性が非常に高いのです。

 

スポンサーリンク

寒暖の差が激しいと起こりやすい症状の正体

そんな環境で起こる症状の事を寒暖差アレルギーと言うのですが、このアレルギー症状、明確なアレルゲンなどが無く、普段の生活の中で感じる気温差だけが原因になっているので、アレルギー性鼻炎の薬を飲んだとしてもイマイチ効きが悪かったりするのです。

そもそも寒暖差アレルギーで出る鼻水やくしゃみは風邪に近い症状なので、アレルギー性鼻炎の薬を飲んでもあまり効果を実感しないのですが、じゃあ風邪薬の方を飲んだら症状が治るのか?と思って風邪薬を飲んでも、納得のいく効果が感じられない事があるのです。

つまり、薬を飲んで治す症状ではなく身体が寒暖差に慣れる事が一番の症状の緩和策と言う事になるといえるでしょう。

なので、どうしても朝の冷え込みまたは冷房で寒い部屋にいる時は、冬の寒さをしのぐような暖かい服装をして乗り切るしか症状を緩和することが出来なさそうなので、何とか身体が気温差に慣れてくれる事を祈るしか無さそうです。

 

スポンサーリンク