オーガニックコスメは肌に優しい。これはウソかマコトか?

あなたは、オーガニックコスメに対して、どのようなイメージを持っているでしょうか?

「お肌に優しそう」

「合成成分が入っていないから安心して使えそう」

「無農薬の原料を使っているから安全性が高そう」

このようなイメージを持たれている方も、少なくないのでは?

 

いかにもナチュラルで身体に良さそうなイメージが大きいオーガニックコスメ。

確かに、一般的なケミカルコスメよりも低刺激で、敏感肌の方でも使いやすいオーガニックコスメも存在します。

ですが、全てがそうとは限らない。

植物由来の天然成分を使っているオーガニックコスメゆえの盲点があるんです。

 

スポンサーリンク

”オーガニックコスメ=肌に優しい”とは言い切れない?

オーガニック化粧品は、有機栽培でつくられた植物成分を主な原料としたもの。

植物から出来てるんだから、お肌に優しくて当たり前!なんて思ったら大間違いなんです。

 

確かに植物に含まれる成分は、お肌にとって有効に働きかけてくれたりといった良質な面があります。

けれど、そこには個人差が生じてくることも事実です。

植物の有効成分が、時にはお肌に刺激を与え、逆にトラブルへと発展してしまう可能性もある。

自然からつくられた植物ならではの「効能」とともに、「毒性」も秘めていることを忘れてはなりません。

薬になるか毒になるかは、まさに紙一重なのです。

 

オーガニックコスメの原料として使用される植物は、化学肥料や農薬を使わずに栽培されたものです。

なので、虫や動物などの外部の天敵から身を守ろうとする働きが必然的に高まるため、農薬などを使って栽培されたものよりも毒性が強くなるという見解もあるほど。

オーガニックコスメは、植物から抽出された成分をなるべく手を加えない形で配合しているため、植物のアレルギーをお持ちの方やお肌がデリケートな方は、特に注意が必要なんです。

 

イメージに惑わされずに、しっかりとした判断力を持とう

オーガニックコスメを実際に試す前に心掛けたいこと。

まずは、成分表示を事前にしっかりと確認することが大切です。

特定のアレルギーをお持ちの方なら尚更、こういった手間を惜しんではなりません。

コスメブランドのホームページを見ると、製品に使われている全成分の一覧ページが設けてあるところもありますので、一度覗いてみると良いと思います。

 

「無添加」とか「自然派」を謳っている製品でも、パッケージ裏を見てみたら、よく分からない名前の成分がズラリと書かれていた!なんてことも。

実は天然由来の成分だけでなく、お肌への負担が大きい化学合成成分がわんさか使われていたというパターンもザラにありますので、あわせてチェックしておきたいですね。

 

そして、いきなり本品を購入するのはなるべく控えて、まずはサンプルやトライアルセットから試してみるのが良いのではないかと、私は思います。

お肌に合うかどうかだけでなく、香りや使用感が自分の好みに合っているかなども、一緒に確認できるからです。

特にオーガニックコスメは、天然の精油を使用している製品も多いので、アロマ特有の香りが苦手だとやっぱり辛いものがあると思いますので、前もって確かめておくことが大事だと思います。

 

表面的なイメージやキャッチフレーズに惑わされず、オーガニックの本質をきちんと知ったうえで、自分のお肌が喜ぶようなアイテムを選んでいきたいものですね。

私も、もっと勉強して知識を深めていきたいなと思います。

 

 

スポンサーリンク