『菌活』ってどういう意味?美容にも良いってホントかな?

最近「菌活」という言葉を、ちょくちょく聞くようになったような気がしませんか?

女性向け雑誌や健康雑誌などで特集を組まれたりと、その注目度が高まりつつありますが、いったい菌活ってどんな活動なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

そもそも菌活って何なんでしょう?

「菌活」とは、ヨーグルトお味噌といった発酵食品などを毎日の食生活に積極的に取り入れることで、健康増進につなげるというもの。

私たちが日頃よく食べている食品には、からだにとって有用な菌が含まれているものがたくさんあります。

その例を挙げてみると…

 

①乳酸菌…ヨーグルトやチーズなどの乳製品や、キムチなどのお漬物に含まれている。整腸作用、抗アレルギー作用、免疫力を調整する作用などがある。

②麹菌…しょうゆや味噌、塩麹、甘酒などに含まれている。食欲を増進したり、消化吸収を促す効果が期待できる。旨み成分をアップさせる効果も。

③酵母菌…日本酒やワイン、パンなどに含まれている。血糖値をコントロールしたり、便秘の予防改善に効果的。

④納豆菌…主に納豆に含まれている。高血圧予防、美肌、骨を強くするなどの効果が期待できる。

⑤酢酸菌…主にお酢に含まれている。血圧や血糖値の抑制、疲労回復、減塩にもつながる。殺菌作用もあり。

⑥きのこ類…椎茸、舞茸、しめじ、エリンギなど、きのこそのものが菌の一種。整腸作用、むくみの解消、美肌効果などが期待できる。

 

それぞれの菌の働きに微妙な違いがあるので、これらを上手に組み合わせながら摂取することにより、さらなる相乗効果も期待できるんです。

腸は、健康を司る免疫細胞が多く集中しているところでもあります。

この腸の動きを良くすることにより、健康で美しいカラダづくりを目指せるというわけですね。

そのためには、先ほど挙げた菌たちのパワーが必要なんです!

 

秋の旬といえば「きのこ」!今が菌活のベストタイミング!

今の時季、まさに旬を迎えている食べものといったら「きのこ」ですよね。

椎茸しめじえのき茸エリンギなど、きのこ類は菌活にもピッタリの食材!

きのこには、有用な菌を含んでいるだけでなく、栄養素もたっぷり含んでいます。

特に免疫力アップに効果的と言われるビタミンDが豊富なことが特徴です。

免疫力を上げることは、風邪やインフルエンザなどの感染症の予防にもつながります。

様々なウイルスによる感染症が流行りはじめる冬に向けて、ぜひとも摂っておきたい食材といえそう。

さらに便秘予防に効果的な食物繊維も豊富なうえに低カロリーなので、ダイエット中の方にも嬉しい!

 

菌活は、何も難しいことではない!

菌活と聞くと何だか小難しそうに思えますが、われわれ日本人の食生活において菌活はとても身近なもの。

とりわけ意識していないだけで、ごく普通に行っていたりするんですよね。

毎朝、朝食にヨーグルトを食べるだとか、ごはんに納豆を乗っけて食べるだとか。

別に何てことはないのかもしれませんが、これも立派な「菌活」の一環です。

 

そして、先ほどもお伝えしましたが、きのこが今ちょうど旬の時期です。

旬の食べものって、栄養もふんだんにつまっているんですよね。

栄養価も味も一番良いときだからこそ、ぜひ食べておきたいところ。

きのこをたくさん使った炊き込みご飯とか、パスタなどと合わせても美味しいですよね♪

普段の食事にちょっとひと工夫して、楽しく美味しく「菌活」してみませんか?

 

菌活に役立つ『乳酸菌サプリ』を実際に飲んでみました☆

善玉菌のチカラを通販で購入して飲んでみた正直な感想をレビュー

2015.11.29

 

スポンサーリンク