パラベンって安全なもの?危険なもの?どっちなの?

化粧品を選ぶときに、「パラベン」が入っているかいないかを気にする方って、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。

最近は、パラベンが配合されていないもの、いわゆるパラベンフリーと呼ばれる製品が、かなり増えてきていますし、化粧品会社側もむしろそれをウリにした商品を、次々と世に送り出していますよね。

私も、パラベンが使われていないから安心というイメージが大きいのですが、そもそもパラベンのことをあんまり詳しく知らないかも?と思ったので、ここで改めてお勉強してみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

パラベンとはいったい何なのか?

パラベンといえば、防腐剤のひとつとして有名ですよね。

パラベンの正式名称は、「パラオキシ安息香酸エステル」といって、品質を長持ちさせるために用いられるものです。

実はこのパラベン、化粧品以外にも目薬などの医薬品や、歯磨き粉などの日用品にも品質保持のために使われていたり、食品の一部にも食品添加物として利用されているんです。

カビの発生や腐敗を防ぐ目的で、おもに醤油やソース、清涼飲料水などに保存料として使われているのだとか。

普段、あまり気に留めていないだけで、パラベンの入っているものを、意外と毎日のように使っていたりするんですね。

 

パラベンが危険だと言われる理由

では、なぜここまでパラベンが世間に煙たがられる存在になってしまったのか。

理由のひとつは、アレルギーを引き起こす恐れがあるとして、表示指定成分として取り扱われてきたから。

パラベンを使用している製品には、その旨を明記しなければならないという表示義務があったんですよね。

2001年に薬事法が改正されてからは、医薬部外品以外の化粧品は全成分表示することがルールとなってますから、事実上は表示指定成分という括りはなくなっていますが。

ひと昔前までは、パラベンを使用するとアレルギーを起こす危険性があると問題視されてきました。

ですが現在は、パラベンをより安全に利用するための研究や改良が進んできているようです。

また、その安全性を確かめるべく、皮膚への刺激性や毒性などを測る実験やテストなども、日々積み重ねられているそうです。

 

「パラベンフリー=安心安全」とは一概にいえない

最近多く見かけるようになってきたパラベンフリーの化粧品ですが、こういったものの中には、パラベンの代わりに天然由来の防腐成分を使用しているものがあります。

パラベンに比べて毒性が少なく、低刺激なので安心だと思われがちですが、一概にそうとも限らないようです。

パラベンより毒性が弱い成分であっても、防腐剤の役目を果たさなければ意味がありません。

そのためには、パラベンよりも多くの量を使わなくてはならないということも。

こうなると、逆にパラベン以上に毒性が高まってしまうという可能性も出てくるのです。

天然由来の成分だから安心安全だという思い込みは、かえって危険とも言えます。

 

化粧品については、未開封の場合、3年以上は品質が保持されなければならないといったルールが、薬事法によって課せられています。

品質保持できる期間が3年以内の場合は、その使用期限を明記する必要があります。

一部の無添加化粧品やオーガニック化粧品には、あらかじめ使用期限が記載されている製品もありますよね。

よって、使用期限が表示されておらず、かつパラベンフリーと謳っている製品には、パラベンに代替する何らかの防腐成分が入っているだろうという認識を持っておいた方が良いと思います。

パラベンフリーというキャッチフレーズだけに惑わされず、冷静に見極める判断力も必要になってくると思います。

 

また、防腐剤フリーの化粧品を使用する際は、使用期限をきちんと守って使うことが何よりも大事なこと。

品質が劣化した化粧品を使い続けることは、お肌の健康を保つことには程遠く、防腐剤うんぬんを気にする以前の問題です。

自分のお肌を健やかに維持していくために、より賢い化粧品選びをしていきたいものですね。

 

 

スポンサーリンク