抹茶を効果的に取り入れてもっと健康に!

「抹茶」といえば、日本人の心。

近年は海外においても抹茶がブームになっていますよね。

抹茶をつかったお菓子などのお土産物は、外国人観光客にとても人気が高まっています。

そんな抹茶ですが、美容や健康の面でも、おいしいところがいっぱいあるんですよね。

今回は、抹茶にはどんな栄養がつまっているのか、改めて勉強してみたいと思います。

 

抹茶といえば「茶カテキン」

抹茶や煎茶って、飲むと苦かったり渋かったりしますよね。

あの苦み成分は、ポリフェノールの一種でもあるカテキンです。

カテキンの効果として代表的なのが、肥満予防。

カテキンには、内臓脂肪や皮下脂肪などの体脂肪を減らす効果があると言われています。

最近は茶カテキンをつかった、いわゆるトクホ(特定保健用食品)の商品もよく見かけますよね。

その他にも、糖尿病などの生活習慣病の予防や老化防止の効果、それに加えて殺菌作用もあるので、風邪や虫歯の予防などにも効果的とも言われています。

 

抹茶のメリットは栄養を逃がさず摂れること!

抹茶の素晴らしいところは、何と言っても、茶葉の栄養素をそのまま摂れるということです。

抹茶には美容に良いといわれるビタミンCビタミンE食物繊維などが含まれています。

ビタミンCは熱に弱いとよく聞きますが、抹茶のビタミンCは加熱しても壊れにくいという特徴があります。

だから、温かいお湯で淹れて飲んだって、スイーツ作りに活用したってノープロブレム!

そして、ビタミンEは脂溶性のビタミンなので、水で淹れる緑茶などでは十分に摂ることができません。

食物繊維も同じこと。

実は緑茶などの場合、食物繊維の大半が茶殻に多く残ってしまうので、どうしても効率よく摂れないんですよね。

茶葉に含まれる食物繊維のほとんどを捨ててしまうことになるので、実にもったいない!

それに対して抹茶ならば、栄養素を余すことなく丸ごと頂けちゃうというわけです。

 

このような感じで、美容にもダイエットにも嬉しい効果がいっぱいの抹茶。

女性ならばぜひ積極的に摂っていきたいものですね♪

 

 

スポンサーリンク