アスタキサンチンが入っている食べものと美容効果とは?

 

今日は、美味しい海鮮丼をご紹介…

…したいところですが、残念ながら違うんですよね(^^ゞ

ま、でも一応、この海鮮丼も関連してくる内容だろうなとは思います。

今日の記事のテーマは「アスタキサンチン」です。

最近、アスタキサンチンの入った化粧品やサプリメントをよく見かけますが、なぜ今ここまで注目されるようになったのか?

その理由は、アスタキサンチンに素晴らしきパワーが秘められているからなんです。

 

 

期待大!美肌をサポートするチカラ

アスタキサンチンの知名度が広まりつつある理由のひとつが、美容面での効果が期待できるからです。

アスタキサンチンは、紫外線を浴びることにより発生する一重項酸素と呼ばれる活性酸素を除去する効果が高いと言われています。

さらに、肌内部のコラーゲンの減少を抑制する効果や、シミの原因となるメラニンの生成を抑える効果も期待できます。

アスタキサンチンは、トラブルからお肌を守り、シミやシワをつくらせないお肌づくりをサポートしてくれる心強い味方というわけです。

美白ケアやエイジングケアに、まさにうってつけの成分ですよね。

 

美容面だけでなく健康面の効果も!?

アスタキサンチンは、抗酸化力がとても高いことで知られていますが、そのパワーは、βカロテンの約100倍、ビタミンEの約1000倍とも言われています。

このズバ抜けた抗酸化作用は、脳や全身の血管を若々しく保つことを助けてくれます。

病気の引き金となる要因の多くは、血管の老化とも言われています。

なので、アスタキサンチンを摂取することにより、生活習慣病のリスク軽減につなげることができたり、はたまた全身の疲労回復をサポートしてくれたりなど、カラダにも嬉しい効果が期待できるんです。

 

アスタキサンチンは天然生まれの赤い色素

アスタキサンチンは、ニンジンなどに含まれるβカロテンなどの仲間で、カロテノイドという天然色素のひとつです。

アスタキサンチンが多く含まれている食材は、エビ、カニ、鮭、イクラ、鯛などの海の生物。

これらの生き物たちがエサとしている藻類やプランクトンが、アスタキサンチンの主な原料なんだそうです。

アスタキサンチンのあの鮮やかな赤橙色は、まさに自然界の恵みがつまったものと言えそうですね。

 

以上、アスタキサンチンについて、つらつらと書いてきましたが、冒頭の海鮮丼のイラストの意味が、ここで何となくお分かり頂けたことと思います(笑)

アスタキサンチンを摂るなら、海鮮丼はもってこいのメニューだと思いませんか?

かといって、毎日海鮮丼を食べるというわけにもいかないと思いますので、そんなときは、良質なサプリや化粧品なども上手に活用していきたいもの。

アスタキサンチンを賢く取り入れて、美しく健康なカラダづくりをしていきたいですね。

 

 

スポンサーリンク