乳酸菌の摂取でインフルエンザや感染症予防?乳酸菌のパワーとは

風邪やインフルエンザなどが、これからまさに本格化するシーズン。

手洗いうがいの徹底やマスク着用などで、すでに対策されている方も多いことでしょう。

 

そんな中、近年まことしやかにささやかれているのが、乳酸菌の感染症予防効果について。

乳酸菌の摂取が免疫力をアップさせ、インフルエンザの予防にもつながるという噂が広まってきていますよね。

それに便乗する形なのかは分かりませんが、最近乳製品のメーカーや飲料メーカーが、高い機能性を備えた乳酸菌入りの製品を次々と世に送り出して話題となっています。

代表的なのが、CMでもおなじみの「1073R-1乳酸菌」「ラブレ菌」「Lカゼイシロタ菌」など。

これらの乳酸菌は、体内に侵入してきた病原菌などの異物を真っ先に攻撃してやっつけてくれる役割を担うNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させると言われています。

また、仮にウイルス感染した際の重症化を防ぐ効果も期待されているそうです。

 

さらに、これらに次いで注目を集めているのが「プラズマ乳酸菌」です。

最近の研究結果で明らかになってきたのは、このプラズマ乳酸菌は、免疫システムを根本からパワーアップさせてくれる効果が期待できるということ。

これまでの乳酸菌は、NK細胞やインターフェロンなどといった免疫細胞のうちの一部だけに働きかけるものがほとんどだったそうなのですが、プラズマ乳酸菌は、pDC(プラズマサイトイド樹上細胞)と呼ばれる、いわば免疫システムの根幹部分に直接働きかけるため、全ての免疫細胞を活性化させることが可能に。

ウイルスを防御したり撃退するチカラを底上げしてくれるというわけです。

 

様々な研究が進み、このような画期的な発見がなされるということは、私たちにとっても嬉しいことですね。

最近はノロウイルスやインフルエンザウイルスなども新型のものが続々出てきたりして、特効薬の開発が追い付いていないのが現状ですし。

身近な食品などで感染症を未然に防ぐことが出来れば、ゆくゆくは医療費の削減につなげることができたりなど、多くのメリットを生み出してくれるのではないでしょうか。

 

私はR-1乳酸菌などは聞いたことがありましたが、プラズマ乳酸菌のことはあまりよく知りませんでした。

同じ乳酸菌でも、ここまで性質が異なるものなんですね。

プラズマ乳酸菌入りのサプリや飲料なども続々と発売されているようなので、買い物に行ったときに探してみようかなと思います。

 

 

スポンサーリンク