褐藻エキスって原料は何?お肌に良い影響があるの?

少し前に再注目されたニベアクリーム

高級スキンケアブランド 『ドゥ・ラ・メール』クレーム・ドゥ・ラ・メールという美容クリームが、ニベアクリームとほぼ同じ成分を配合しているということで話題になりましたね。

昔から親しまれているニベアに、まさかそんな事実が隠されているとは!と私も驚きましたよ。

でも厳密にいうと少し違いもありまして。

ドゥ・ラ・メールに含まれていて、ニベアクリームには含まれていない成分のひとつに 『褐藻エキス』というものがあるんですが、ご存知でしょうか。

私はこの褐藻エキスとやらをよく知らなかったので、 改めて調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

そもそも褐藻って何ぞや?

褐藻エキスの「褐藻」とは、褐色の藻類植物のことです。

例えば ワカメや昆布、ひじきなどが、それに該当します。

これらの藻類から抽出したエキスを総称して、褐藻エキスと呼ぶのだそうです。

 

主な成分としては、 フコイダン、アミノ酸、 アルギン酸、ジアスターゼなど。

そのほかにも、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。

エキスを抽出する海草の種類によって、 成分や効果には多少違いが出てくるようです。

 

褐藻エキスの特徴とその効果とは

褐藻エキスの主な特徴は、 保湿性に優れていること。

そして、皮膚の再生作用があること。

このことから、化粧水やクリーム、美容液などのスキンケアアイテムを筆頭に、 天然素材にこだわりを持つオーガニックコスメなど、 様々な化粧品に利用されています。

さらに化粧品だけではなくて、ミネラル類を補給するためのサプリメントなどにも使用されているそうです。

 

褐藻エキスがよく使用されているもので代表的なものが「育毛剤」です。

頭皮の血行を促進し保湿効果にも優れていることから、 育毛効果も期待できるのだとか。

実際に褐藻エキスをネットで検索してみると、「育毛剤」やら「薄毛」やら、そんなワードにたくさん引っかかってビックリしました。

そういえばワカメや昆布などの海藻を食べると、薄毛対策に良いとか髪への効果が期待できるということをよく耳にしたりしますよね。

こういった色んな製品に使われているのは、 海藻類が原料の天然由来成分という安全面の高さもあるからでしょう。

これから化粧品などを使うときは、成分表示をじっくりチェックしてみようと思います。

 

スポンサーリンク