小林麻央さんの一報を聞いて…やっぱり悲しい。

かねてから乳がんのため療養されていたフリーアナウンサーの小林麻央さんが、22日にお亡くなりになられたと本日報道されました。

 

私はTwitterのトレンドで麻央さんや市川海老蔵さんのお名前が挙がっているのを見て、これは何かあったんだなと察したのですが。

 

この時点では海老蔵さんがブログを更新されていたのみで、まだ正式な発表がなされていない段階だったので、14時半から行われるという記者会見まで続報を待とうと思っていましたが、会見より前にテレビやネットニュースなどで速報が流れ、その情報を知る形となりました。

 

本音を言うと、メディアの速報よりも、海老蔵さんご本人の生の言葉でその事実を知りたかったなぁと思いましたけど、まあそれは置いといて。

 

私は麻央さんとは歳が近いこともあってか、やはりこの一報を聞いたときのショックは大きくて、しばらく動揺が隠しきれませんでした。

 

テレビのニュースやブログなどで闘病中のご様子を度々拝見し、毎日前向きに頑張っていらっしゃるのがとてもよく伝わってきたのですが、私にはそれが伝わりすぎることもあったのか、時に胸が苦しくなることも正直ありました。

なので、どうか快方に向かいますようにと祈りつつも、メディアの報道を見るのは最小限にとどめていたんですよね。

 

そんな中、このような形でニュースが飛び込んできて、何とも無念というか悲しい気持ちになりました。

 

キャスターとして活躍されていた頃はとても物腰が柔らかくて聡明な方だという印象を持っていましたが、海老蔵さんとご結婚されて妻となり母となられてからは、さらに女性らしいしなやかさとたくましさを感じるようになりましたね。

 

ガンが転移したりなどで、きっと私達が想像する以上にお辛い状態だったと思うのに、常に笑顔を絶やさず、ブログでも正直な胸の内をご自分の言葉でしっかりと綴られていて。

健康でいられることのありがたさや尊さだったり、家族の深い絆だったり。

こうして私達が生かされているのは、当たり前のようでいて決して当たり前ではないこと。

日々の生活に追われてどうしても忘れてしまいがちなことを改めて思い出させてくれるような、たくさんの気付きを我々に与えてくれたブログ。

ひとりのブロガー目線でみてもスゴいなと思いますし、何より同じ世代の女性としても、本当に優しくて芯が強くて愛あふれる方だなと尊敬します。

 

それなのにこんな早くに旅立たれてしまい、残されたご家族など近しい方々のお気持ちを思うと、本当に胸が痛みます。

まだお子様も小さいですし、これからの成長をもっとそばで見守ってあげたかったでしょうね。

ただただ残念でなりません。

心からご冥福をお祈りいたします。

 

今はアメブロが繋がりにくい状態のようなので、もう少し落ち着いたら、麻央さんのブログを、懸命に生きた証を、改めて拝読しに行こうと思っています。

 

 

スポンサーリンク