「酵素」って、そもそも何なの?酵素食品を摂ることの意味とは?

ここのところよく聞くようになった「酵素」。

そもそも酵素とやらをよく知らないんだけど…って方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私も酵素については、正直あまりよく分からなかったんです。

でも色々と調べてみると、酵素について無知すぎるのが失礼だと思ってしまったぐらい、私たちが生きていくうえで欠かせない存在だということを知りました。

今日はそのあたりをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

「酵素」は、どんな役割を担っているのか?

酵素とは「触媒」という体内でつくられるタンパク質の一種のこと。

私たちの身体は、様々な化学反応が絶えず起こっています。

食べた物を消化吸収したり、身体に不要な物を排泄したり、血液の循環をスムーズにしたりなど…

こういった生命を維持するための、あらゆる生体反応を担うのが、まさに酵素なんです。

早い話が、酵素が無ければ人間は生きていけないってことです。

 

私たちの身体にもともと存在している酵素のことを 「体内酵素」と呼んでいますが、 その体内酵素には、 おもに食べた物を消化吸収する役割を担う「消化酵素」と、 消化酵素によってつくられたエネルギーを体内で働かせる役割を担う「代謝酵素」の2種類があります。

人間以外にも酵素は存在しており、生の野菜や果物、納豆やキムチなどの発酵食品に含まれている酵素を 「食物酵素」と言います。

 

酵素食品を摂っても意味がない?

酵素ブームが広がる昨今、 酵素に関しては実に様々な見解が飛び交っていますよね。

食物から摂取した酵素は、胃酸によって吸収が妨げられてしまう説。

そして、一般的に売られている酵素ドリンクは製造段階で加熱殺菌されているため、酵素自体が失われてしまっている説など。

 

こういった見解を耳にしてしまうと、じゃあ酵素を頑張って摂っても無意味なんじゃないの?と思ってしまいますよね。

残念ながら、これらの説は信憑性が高いものと言わざるを得ないようです。

そもそも酵素が入った食品を摂ったからといって、 体内の酵素がそのまま増えるわけではないからです。

ただ、食物酵素はそのまま体内酵素に成り代わるわけではないものの、 食物に含まれる栄養素の吸収を高め、身体の働きを強くする一助を担ってくれます。

ですので、体内にある酵素を間接的にパワーアップさせるものと考えた方が良いのかもしれませんね。

 

 

酵素食品を摂る目的を、今一度見直してみよう

今、巷で多く出回っている酵素ドリンクやサプリメントなどの酵素食品ですが、 体内の酵素の量を直接増やすという観点では、効果が十分に期待できるものではないのかもしれません。

ですが、こういった食品の多くは、野菜や果物などの自然素材を酵母菌などの有用な菌で発酵してつくられたものなので、たくさんの栄養素がギュッと凝縮されているという点では、とても優秀な食品とも言えます。

なので、酵素食品を摂ることが全くの無駄というわけではないだろうと、私は思います。

 

数えきれないくらいの商品が出回ることで、様々な情報や謳い文句が飛び交い、それゆえに誤解が生じているのも事実です。

だからこそ各々が正しい知識を持って、確かな目で選び抜いていくことが大事になってくるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク