雨の日は体調がイマイチ。『気象病』ってやつなのか?

私の住んでいる地域は今日までの数日間、 ずっと雨降りが続いておりました。

こんな日は、 どうも体が重く感じたり頭がズキズキ痛んだりするのですが(-_- )

 

「雨が降ると古傷がうずく」なんて昔から言われているように、 やはり天気によって体調が左右されやすいのは確かなようです。

気圧の変化によって起こる症状のことを【気象病】とも言うらしいですね。

主な症状として挙げられるのは、 古傷の痛み、リウマチ、神経痛、 頭痛、だるさ、鬱っぽさなど、 実に多岐にわたるそうです。

 

主な原因として考えられるのが、 低気圧の接近による急激な気圧の変化に身体がついていけないこと。

急激な変化によって自律神経のバランスが乱れてしまうので、 いろんな症状となってあらわれるのだそうです。

 

そんな気象病に対して、我々はどのような対策をとっていけば良いか。

やはり、規則正しい生活を送ることが大切になってくるようです。

◎バランスのとれた食事をとること。

◎適度に運動をすること。

◎睡眠を十分にとること。

ゆっくりお風呂に入ったりマッサージなどをすると、 血行が促進されるほか、自律神経のバランスを整えるのにも効果的だそうです。

 

今の季節は、朝晩の気温差が10℃以上という日も珍しくないですし、 気候の変動が大きいほど身体のほうも適応していくのが大変だったりします。

こんな時こそ生活習慣を見直して、 身体への負担を少しでも軽くしていきたいものですね。

自分への戒めの意味も込めつつ、 綴っておきます。

 

スポンサーリンク