お正月に年明けうどんを食べると開運できるって本当?

いきなりですが、『年明けうどん』ってご存知でしょうか?

年明けうどんとは、うどんの本場である香川県の「さぬきうどん振興協議会」が提唱している食文化のことで、近年全国に向けてのPR活動を積極的に行っていて、認知度をグングン上げてきているらしいんですね。

 

スポンサーリンク

年明けうどんってどんなうどん?

長くて太い麺が特徴のうどんは、もともと古い時代から長寿を願って多くの人に食べられてきたものなんだそうです。

純白なうどんに「紅」を象徴する赤い具材をトッピングしたものが、年明けうどんの基本スタイル。

これを新年をお祝いする気持ちと皆の幸せを願って、元旦から1月15日の間に食べるのだとか。

紅白を連想していて、何だか縁起が良さそうです。

 

トッピングは海老の天ぷら、蒲鉾、梅干しなどが主流みたいですが、赤い色をしていれば基本的には何でもOK。

本場のさぬき地方では、紅いお餅に餡子が入った「あん餅」をトッピングしたものもあるそうです。

うどんに甘いお餅を入れるとは、なかなか斬新!

 

私がもし年明けうどんを作るなら、梅干し入りのうどんが良いですね。

あっさりしてそうだし、おせち料理と一緒に食べても美味しそうだし、梅干しの程よい酸味でさらに食欲が湧いてきそう(笑)

 

年越しそばのように定着していくのかも?

紅白の鮮やかな彩りが、幸運を呼んでくれそうな年明けうどん

今後はお正月のごちそうの一品として、新たな定番メニューになっていくかも?

あなたも今年の縁起担ぎに、お好みのトッピングでうどんを味わってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク