夏になるとよく飲まれる麦茶の意外な効果とは?

寒い時期にはなかなか飲まないと言う人でも、夏には結構がぶ飲みしていると言う人が多い飲み物は麦茶かも知れません。

どこのお宅でも、ヤカンで煮出したり水出しで作ってみたりして、冷蔵庫のドアポケットには常時麦茶を入れてあるのではないでしょうか。

そんな麦茶の効能を調べてみましたら、意外なことが分かってきましたよ。

 

スポンサーリンク

麦茶のポテンシャル

麦茶は、意外にも抗酸化力が高いので、活性酸素の除去に一役買ってくれます。

活性酸素はシミやシワの原因にもなると言われているので、紫外線を浴びて日焼けしやすい時期にはたくさん飲むと良さそうです。

他にも血圧を下げたり血行を良くしたり、体温を下げたりまたガンの予防も期待できる他、虫歯の原因菌であるミュータンス菌の活動を抑制してくれるので、夜寝る前に喉が渇いて飲む飲み物を麦茶にするだけで、かなり翌朝の口の中の粘着きを抑制出来るのでお勧めです。

まだまだ色んな効果がありまして、麦茶はノンカフェインなのでカフェインの入っている飲料よりもゆっくりと利尿作用が働いてくるので、ついがぶ飲みしてしまう人でも安心です。

また、胃の粘膜を保護してくれたりするので、スタミナ料理を食べたりお酒を飲んだりした時にも飲んで欲しいですね。

と言う感じで、意外と麦茶にはいろんな効果があるので、夏だけじゃなく年中飲んてみて欲しいと思います。

 

スポンサーリンク