アセスルファムKやスクラロースなどの人工甘味料はなるべく摂らない方が良い話

ここ数年、一気に色んな清涼飲料水や食品に使われる様になった人工甘味料に、アセスルファムK(アセスルファムカリウム)スクラロースというものがあります。

原材料の表記の部分をよく見てみると、甘味料の所にどちらかだったり、両方の名の記載がある食品をつい買ってしまっていると言う人は多いと思うのです。

しかしこの人工甘味料は、開発が偶然の産物だったり、原材料が農薬の様な劇薬の一種から派生していたりと、かなり危険な物質が原材料になっていたりするので、そんなモノを人体に摂り込んで健康的な被害は出ないのか?と言う疑問を抱かずにはいられません。

 

スポンサーリンク

カロリーゼロはかえって危ない?

元々これらの人工甘味料は身体で分解して吸収することが出来ない事から、ダイエットに効果的!と言う謳い文句の元で爆発的に色んな食品に入れられる様になったのですが、カロリーゼロだからダイエット出来るのか?と言うと、実際は身体に必要な量の糖質が補給出来ていない=飢餓状態なんじゃないか?と脳が判断して、更に食欲が増加して結果的に痩せられない事が、最近になって分かって来たようです。

他にも、特にアセスルファムKですが、身体で分解も吸収もされないのに血液の流れに乗って身体を巡ってしまうので、最終的に血液をろ過して、要らないモノを身体の外に出す腎臓の負担が大きくなるとされているので、腎臓に何らかの不安要素のある人は摂らない様に気を付けたほうがいいかもしれません。

人工甘味料は全く健康的ではない物質とは分かっていながらも、これだけ広がってしまっている現代において、人工甘味料を全く摂らないというのは、なかなかハードルが高いもの。

それでも添加物の入った食品をなるべく買わない様に気を付けるなどの工夫は出来ると思うので、無理のない範囲で少しずつ心掛けていきたいですね。

 

スポンサーリンク