オーガニックコスメの良さって何?初心者でも迷わない選び方のコツとは

近年のスキンケアアイテムは、ますます目覚ましい進化を遂げています。

特に注目が集まっているのは、自然派を売りにしているコスメやスキンケア。

いわゆる『オーガニックコスメ』も、これに該当します。

オーガニックコスメって何となくお肌に優しそうなイメージがありますが、実はその定義についてあまりよく分かっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ということで、今回はオーガニックコスメについて、改めて一緒にお勉強していきましょう。

オーガニックコスメとはいったい何?そのメリットは?

オーガニックコスメとは、農薬や化学肥料などを使わずに育成された「有機栽培」の植物を原料にしてつくられる化粧品のこと。

植物素材からつくられた成分のパワーにより、人間にもともと備わっている自然治癒力を目覚めさせて、肌本来のチカラを引き出すスキンケアを目指せるのが大きな特徴です。

植物から抽出された天然のエッセンシャルオイル(精油)を、香りづけに使用しているブランドも多く、アロマテラピーの作用で心身を癒してくれる効果も期待できます。

『オーガニックコスメ』という言葉は外来語というイメージがありますが、実は日本発祥って知ってましたか?

2001年に日本の環境NGOアイシスガイアネットという団体が、『オーガニックコスメ』という書籍を発行したのが始まりなのだそうです。

日本のオーガニックコスメの歴史は意外と浅いんですね。

オーガニックコスメを選ぶときはココを見よ!

このような魅力がつまったオーガニックコスメですが、現在の日本ではオーガニックコスメの公的な認証機関が存在していないため、海外のようにオーガニックコスメについての明確な基準が示されていません。

そのため、100%天然成分でなくても、ほんの少しでもオーガニックな植物成分が入っていれば、それだけでオーガニックコスメと名乗って販売できてしまう、いわば『自称』オーガニックコスメが化粧品のマーケット市場に氾濫しているのが現状なのです。

では、私たちは高品質で安全なオーガニックコスメをどのように選べば良いのか。

ひとつの目安となるのが、海外のオーガニック認定機関の認証を取得しているかどうかということです。

海外には、フランスなどのヨーロッパ諸国を筆頭に、オーガニックコスメに関する厳しい基準を設けて審査している機関があります。

こちらでは、その一部をご紹介していきましょう。

 

海外における主要オーガニック認定機関

★欧州の認証機関5団体が集結した『COSMOS(コスモス)』

コスモス(COSMetic Organic Standard)は、ヨーロッパ諸国に本部を置くECOCERT  (フランス)Cosmebio(フランス)BDIH(ドイツ) ICEA(イタリア)SOIL ASSOCIATION(イギリス)の5団体が合同で設立した機関です。

各々が独自に定めている認証基準を統一させ、消費者に分かりやすく展開していくことを目的としています。

コスモス認証は認定基準のレベルにより、『コスモス・オーガニック認証』『コスモス・ナチュラル認証』の2種類に分類されます。

コスモス認証のロゴは、設立に携わった各団体のロゴマークにcosmosの表記がプラスされたものとなっています。

 

★EUヨーロッパ諸国において、自然化粧品の厳しい認定基準を持つ『NaTrue(ネイトゥルー)』

ベルギーに本拠地を置くネイトゥルーは、ヨーロッパの名立たるナチュラルコスメブランドが結集して立ち上げた非営利の認証機関です。

配合が認められる原料や製造方法に至るまで、認定基準を厳しく定めており、またその認証基準やプロセス等を一般向けに公開するなど、消費者目線に立ったフェアな活動によって多方面から高い支持を得ています。

★オーストラリア最大級のオーガニック認証機関『ACO(Australia Certified Organic)』

オーストラリア最大級のオーガニック認証機関であるACOは、元々農産品などの食品をメインに認定をする機関で、原料の95%以上がオーガニックであること、遺伝子組み換えではないものであることなどの厳しい選定基準を定めています。

現在はその厳格な基準が、化粧品のオーガニック認定にも活用されています。

★アメリカのオーガニック認証機関『USDA(United States Department of Agriculture)』

こちらも元々は有機農産物などの食品類を認定する機関で、日本でいう『有機JAS』に該当します。

アメリカではヨーロッパのようにオーガニックコスメの明確な基準が設けられていないため、化粧品に向けての認証も積極的に行っています。

 

このように各団体によって様々な基準がありますが、製品の90%以上は天然由来のものか、原料は無農薬のものであるか、人工的な成分や添加物は使われていないか、動物実験を行っていないかなど、厳格な基準のもとで認証するかしないかが決められています。

また、環境面に配慮した製品づくりがなされているかどうかも、くまなくチェックしています。

この厳しい基準をクリアした製品には、認定した機関の公式認証マークが記載されているのです。

オーガニックコスメを選ぶのに迷いが生じた際は、これらのマークを判断材料にするのも、有効策のひとつになりそうですね。

日本のオーガニックコスメ市場も今後さらに変わっていくかも

さて、オーガニックコスメについて少しだけクローズアップしてきました。

海外の自然化粧品の認証機関は上記以外にもまだまだ沢山あるので、さすがに全部はご紹介できませんでしたが、他にも探してみるとまた違った発見があるかもしれません。

国内で製造されているオーガニックコスメも、これらの認証機関からお墨付きをもらった上で販売を行う動きが加速化してきているので、これからもっと広まっていくと良いなと思います。

 

スポンサーリンク