オーガニックコスメの選び方のコツ。ナチュラルなイメージに隠された意外な盲点とは?

最近、ケミカル系の化粧品から、ノンケミカルの化粧品へとシフトする、いわゆる「脱ケミ」さんが増えているように思います。

そんななかで、オーガニックコスメなどに興味を持っている方もいると思いますが、オーガニックコスメって具体的に何なの?と聞かれると、イマイチよく分からないという方もいるのではないでしょうか?

私自身も、オーガニック化粧品については、まだまだ未知な部分が多いので、ここで改めて情報を整理してみることにしました。

オーガニックコスメの定義とは?

オーガニックコスメとは、農薬や化学肥料などを使わずに育成された「有機栽培」の植物を原料にしてつくられる化粧品のこと。

植物素材からつくられた成分のパワーにより、人間にもともと備わっている自然治癒力を目覚めさせて、肌本来のチカラを引き出すようなスキンケアができるのが大きな特徴です。

植物から抽出された天然のエッセンシャルオイル(精油)を、香りづけに使用しているブランドも多く、アロマテラピーの作用で心身を癒してくれる効果も期待できます。

無農薬であるとか、人工的な成分を使わないなど、自然環境にも配慮された地球に優しい製品づくりがされている点も、メリットのひとつとして挙げられます。

そんな魅力がいっぱいのオーガニックコスメですが、現在の日本では、オーガニックコスメについての明確な基準が示されていないのです。

海外とは違って、オーガニックコスメの公的な認証機関が存在していないからなんですね。

100%天然成分でなくても、ほんの少しでもオーガニックな植物成分が入っていれば、それだけで「オーガニックコスメ」と名乗って販売できてしまう。

いわば「自称」オーガニックコスメが、化粧品市場に多く氾濫しているのが現状なんです。

オーガニックコスメを、どう選ぶべきか

では、私たちはどのようにオーガニックコスメを選んでいけば良いのか。

ひとつの目安となるのが、海外のオーガニック認定機関の認証を取得しているかどうかということ。

海外には、フランスなどのヨーロッパ諸国を筆頭に、オーガニックコスメに関する厳しい基準を設けて審査している機関があります。

こちらは、その一部↓

★EUのオーガニックコスメ認証機関『NaTrue』

 

★フランスのオーガニック認証機関『ECOCERT』

★オーストラリアのオーガニック認証機関『ACO』

★アメリカのオーガニック認証機関『USDA』

各団体によって様々な基準がありますが、製品の90%以上は天然由来のものか、合成香料などの化学的な成分が使われていないか、動物実験を行っていないかなど、使用する原料から製造工程に至るまで、とても厳格なチェックがなされています。

この厳しい基準をクリアした製品には、認定した機関の公式認証マークが記載されているのです。

どのブランドのものを選べばいいか分からないときは、まずこのマークを目印にしてみると良いのではないかと思います。

ただ、これらの認証を受けていないからといって、すべてがインチキで粗悪な製品というわけではありません。

むしろ、国際的なオーガニック認証機関並みに厳しい自社基準を設けて、負けず劣らずの高い品質を誇る製品をつくっているメーカーも実在するのです。

今はインターネットが普及し、世界中のオーガニック製品に関する情報を、容易に仕入れることができる時代。

だからこそ私たちも、そういったツールを上手に活用して情報を収集していきながら、自分に合ったものをチョイスしていきたいですね。

オーガニックは肌に優しいの?

ところで、あなたはオーガニックと聞くと、どのような印象を抱くでしょうか?

「お肌に優しそう」

「合成成分が入っていないから安心して使えそう」

「無農薬の原料を使っているから安全性が高そう」

このようなイメージを持たれている方も、少なくないのでは?

いかにもナチュラルで身体に良さそうなイメージが大きいオーガニックコスメ。

確かに、一般的なケミカルコスメよりも低刺激で、敏感肌の方でも使いやすいオーガニックコスメも存在します。

ですが、全てがそうとは限らないのです。

植物由来の天然成分を使っているオーガニックコスメゆえの盲点があるんですね。

オーガニックコスメ=肌に優しい”とは言い切れない?

オーガニック化粧品は、有機栽培でつくられた植物成分を主な原料としたもの。

植物から出来てるんだから、お肌に優しくて当たり前!なんて思ったら実は大間違い。

確かに植物に含まれる成分は、お肌にとって有効に働きかけてくれたりといった良質な面があります。

けれど、そこには個人差が生じてくることも事実。

植物の有効成分が、時にはお肌に過度の刺激を与え、逆にトラブルへと発展してしまう可能性もあるのです。

自然からつくられた植物ならではの「効能」とともに、「毒性」も秘めていることを忘れてはならない。

薬になるか毒になるかは、まさに紙一重なのです。

オーガニックコスメの原料として使用される植物は、化学肥料や農薬を使わずに栽培されたもの。

なので、虫や動物などの外部の天敵から身を守ろうとする働きが必然的に高まるため、農薬などを使って栽培されたものよりも毒性が強くなるという見解もあるほど。

オーガニックコスメは、植物から抽出された成分をなるべく手を加えない形で配合しているため、植物のアレルギーをお持ちの方やお肌がデリケートな方は、特に注意が必要といえるでしょう。

イメージに惑わされずに、しっかりとした判断力を持とう

オーガニックコスメを実際に試す前に心掛けたいこと。

まずは、成分表示を事前にしっかりと確認することが大切です。

特定のアレルギーをお持ちの方なら尚更、こういった手間を惜しんではなりません。

コスメブランドのホームページを見ると、製品に使われている全成分の一覧ページを設けているところもあるので、実際に購入・使用する前に一度確認してみることをおすすめします。

「無添加」とか「自然派」を謳っている製品でも、パッケージ裏を見てみたら、よく分からない名前の成分がズラリと書かれていた!なんてことも。

実は天然由来の成分だけでなく、お肌への負担が大きい化学合成成分がわんさか使われていたというパターンもザラにあるので、あわせてチェックしておきたいですね。

そして、いきなり本品を購入するのはなるべく控え、まずはサンプルやトライアルセットから試してみるのが良いのではないかと、私は思います。

お肌に合うかどうかだけでなく、香りや使用感が自分の好みに合っているかなども、一緒に確認できるからです。

特にオーガニックコスメは、天然の精油を使用している製品も多いので、アロマ特有の香りが苦手だとやっぱり辛いものがあるので、前もって確かめておくことが大事だと思います。

表面的なイメージやキャッチフレーズに惑わされず、オーガニックの本質をきちんと知ったうえで、自分のお肌が喜ぶようなアイテムを選んでいきたいもの。

私ももっと勉強して、知識を深めていきたいです。

スポンサーリンク