スマートニュースアプリが累計4000万ダウンロードってスゴくない?

スマートフォンやタブレットが普及し、多岐にわたるジャンルのアプリが登場しています。

なかでもニュースアプリは、日頃からよく使っているという人も多いのでは?

そんななか、ニュースアプリの大手『SmartNews』のダウンロード数が、なんと4000万ダウンロードを達成したらしいですよ!

スマートニュースのアプリの人気がスゴイ!

2012年からスマートフォンで気軽にニュースをチェックできる『スマートニュース』アプリの配信がスタート。

それから約8年後に、日米あわせて累計4000万ダウンロードを記録したのだそうです。

そもそも日本だけでなく、アメリカでもスマニューが配信されていたことにまず驚きましたが、それにしても4千万って計り知れない数字ですよね。

スマニューのユーザー層は?

スマートニュースをよく利用するユーザー層は、アプリができた当初は男性の方が割合多かったみたいですが、最近になって女性の比率も高くなっているとのこと。

現在のユーザーの男女比は、男性53.3%女性46.7%と、ほぼ半々なのだとか。

近年、女性ユーザーが増えてきている要因のひとつは、2018年から配信が始まった『クーポンチャンネル』。

ほら、テレビのCMでも某お笑い芸人さんが、クーポンのことをクーペンって連呼してましたよね(笑)

このクーポン、ざっと見ただけでもなかなかお得感があって良いですよね。

ファミレスやファーストフード店など、有名な飲食チェーンのものがほとんどですが、日常的に利用する機会の多い人には嬉しいサービスなのではないでしょうか。

スマニューアプリのサービスはどこまで広がる?

私も毎日スマートニュースアプリで、最新のニュースなどをチェックするようにしています。

ほかのアプリと比べても操作性がとてもスムーズですし、カテゴリも細かく分類されているので、気になるジャンルのニュースを閲覧しやすいという印象がありますね。

日本だけでなく、米国でも多くのユーザーに支持されているスマートニュース。

まだスマホに入れていないという方は、ぜひチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク