スマホゲーム【どうぶつの森・ポケットキャンプ】をプレイしてみた感想レビュー

みなさんは『どうぶつの森』シリーズをご存知ですか?

任天堂のゲームソフトの代表格と言っても過言ではないので、名前ぐらいは知っているという人も多いはず。

私もはるか昔、ニンテンドーDSやWii版のどうぶつの森をプレイしたことがあります。

当時は学校や職場でも流行っていて、周りの友達とかみんな持ってましたしね。

みんなで会ったときは、どうぶつの森の話で盛り上がっていた思い出があります。

それからしばらくの間は、どうぶつの森どころかゲームそのものから離れていたのですが、今はスマホアプリでも、あのどうぶつの森で遊べるようになっていると最近知って、ダウンロードしてみることにしたのです。

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』とは?

今回ダウンロードしたのは、【どうぶつの森ポケットキャンプ】。

日本では2017年11月に配信が始まっているとのことで、約1年ちょっと経っているんですね。

今作の舞台はタイトルにある通り『キャンプ場』。

プレーヤーがキャンプ場の管理人となって、自分だけのキャンプ場を作っていくのです。

最初にまず、プレーヤーの名前や行く街の名前を決めます。

自分のキャラは『キャラメイク』で、髪型などを細かく決められますよ。

その後に、プレーヤー(村長)の秘書としてサポート役をしてくれる【しずえさん】という犬のキャラクターに会います。

車で目的地に向かい、車を降りると、しずえさんから色々とやらなきゃいけない事(しずえチャレンジ)を指示してくれるので、その指示通りに動けば大丈夫!

その後は、画面上にあるしずえさんのマークを押すと、その都度しずえさんからやる事を教えてくれるので、初めての方でも迷わず安心してゲームを進めることができます。

しずえさんからのミッション・チュートリアルをクリアすると、チケットなどのアイテムが貰えますよ!

『どうぶつの森』の面白いところ

どうぶつの森で私が一番楽しいと思うのが、やはりどうぶつたちとのやり取りでしょうか。

車でいろんなエリアにお出かけして、現地にいるどうぶつたちと会話したり、ときにはおねがいを聞いてお手伝いをしたり。

お手伝いして喜んでもらえたり、お礼にアイテムをプレゼントしてくれたり、そんな何気ない時間が楽しいんですよね。

そうしたやり取りで仲良くなると、なかよし度が上がって、自分のキャンプ場に遊びに来てくれるようになります。

初めは閑散としていたキャンプ場がだんだんと賑やかな空間に変わっていく工程を見届けることができるのが、どうぶつの森の醍醐味だと思います。

あとは、魚釣りをしたりですとか、貝殻などを集めて『ベル』というお金に換えて街へお買い物に出掛けるのも、とても楽しいですよ!

毎日ログインするとチケットやクッキーが貰えたりするところも嬉しいポイント。

クッキーは茶色のお菓子、銀のお菓子、金のお菓子の3種類があって、これをどうぶつたちにあげると、どうぶつのハートが上がりますので、欠かさずゲットしていきたいですね!

今まで以上に楽しい魅力がいっぱいの『どうぶつの森』

どうぶつの森ポケットキャンプでは、他の管理人さんとも仲良くなることが出来るシステムがあります。

自分以外の管理人さんのキャンプ場に遊びに行ったり、気軽に『いいね!』が出来たりするところは、何とも今っぽいですよね。

この作品は2001年のニンテンドー64から始まってからもう20年近くも経ってるのに、今またこういったスマホゲームという形で帰って来てくれたのは、私はすごく嬉しいですし、スマホゲームにしてくれて本当にありがとう!と叫びたい気持ちです(笑)

このどうぶつの森ポケットキャンプはスマホアプリならではの楽しみ方ができるので、しばらくまたハマってしまいそうです!

自分としてはかなり満足度が高く、改めてプレイしてみて良かったなと思います。

これまでの同タイトル作品とはまた違う世界観が味わえるので、個人的にはかなりおすすめです!

 

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』のオフィシャル動画はこちら

スポンサーリンク