【資生堂HAKU】メラノクールホワイトソリッドを使う順番は?トライアルサイズを実際に体験してみた!

本格的な夏に向けて、紫外線対策とともに、美白ケアにも余念がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今日は、そんな方にうってつけのアイテムをお試しさせていただいたので、こちらでもご紹介してみたいと思います。

 

そのアイテムというのは、資生堂さんから発売されている【HAKU  メラノクール ホワイトソリッド】です。

資生堂HAKUといえば、美白化粧品ブランドの代表格ですよね。

このHAKUから、これまた画期的な美白クリームが発売されているんです。

数々の美容雑誌でベストコスメに選ばれるなど評価が高く、2015年の発売以来、毎年人気となっているようで、個人的にも気になっていました。

では、その使用感はどうだったか、詳しくレビューしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

中身はどんな感じ?

資生堂HAKUメラノクールホワイトソリッドの特徴は、固形のクリームで、なおかつ冷やして使用するということ。

届いてからすぐに最高の状態で使えるようにという配慮から、クール便でお手元に送られてきます。

 

中身はこんな感じです。

 

袋から取り出してみて、まず最初に目が行ったのがコレ。

 

 

「食べ物ではありません」という、なかなか化粧品ではお見かけしない注意書きが。

そうですよね。 冷蔵庫で保管するものなので、間違えて食べてしまったら大変ですからね。

こういった細かな気遣いも大事ですよ。

 

使い方は?使う順番は?そして使い心地は?

それでは、さっそく使ってみましょうか。

使う順番はというと、夜のお手入れの最後。つまり総仕上げですね。

なのであらかじめ、化粧水や美容液、乳液などでお肌を整えておいて下さい。

夜だけでなく朝に使用してもOKですが、しっかりとお肌になじませてからメイクしてね!って公式オンラインショップのページに書いてありましたよ。

 

ではフタを開けてみます。

表面がキレイに平らになった純白クリームがお目見えです!

 

付属のスパチュラを入れてすくうのがもったいない! けど、入れちゃいまーす(笑)

 

 

スパチュラですくった感覚は、マーガリンに近いかも。 冷蔵庫から出したてのマーガリンをバターナイフで削り取るような、あの感じですよ。

この時点では、お世辞にもクリームとは言いがたい固形の物体を手の甲にのせてみると、だんだんと滑らかなクリーム状になってくるんだから不思議です。

 

 

人肌の温度に合わせる感じで、ゆーっくり、じーんわりと溶けていく感じですかね。

ほどよくやわらかくなったところで、気になる部分を中心に伸ばしてから、顔全体になじませていきます。

冷え冷えのクリームなだけあって、スーッとした清涼感がお肌を包み込んでいきます。

これがとても気持ちいいんだ♪ 夏にはホントに嬉しいヒンヤリ感です。

 

あの最初の固形感はどこ行っちゃった?ってぐらい、スルスルと伸びが良くて、塗った後はほどよいしっとり感。

でもベタベタしないんです。

ひんやり&うるおいベールを、そっとお肌にまとったような感覚。

このうるおい感、伝わるかな~?

 

 

気になる効果のほどは?

ここまでひと通り、資生堂HAKUのメラノクールホワイトソリッドの使用感などを綴ってきました。

気になるのは、その効果とお肌への変化ですよね?

 

私は、こちらを使い始めて1週間ほど経ちますが、毛穴がキュッと締まって、肌のキメが整ってきたような感覚があります。

冷却効果が働いてくれているのかも♪

さらなるお肌の良い変化を期待しつつ、 (そして、頬にあるシミよ、薄くなーれ!と願いつつ…) 使い続けて様子見していきます。

 

トライアルサイズのお得感は◎!

私が使用しているのは10g入りのトライアルサイズ。

10gって少なっ!と思われるかもしれませんが、全然そんなことないんです。

トライアルサイズでも約20日分使えるので、じっくりお試ししながら効果を確かめることができるんです。

その間に何らかの変化を実感できれば、しめたものですよ。笑

私も1週間ほど使用した時点で、まだ半分以上残ってます。

使用するのは夜だけで良いので、そんなにすぐに減らないですし、トライアルでこのコスパの良さは、やはり嬉しいものですね(^_^)

 

お肌のほてりをクールダウンしながら美白ケアもできる、このメラノクールホワイトソリッドは、資生堂のオンラインショップの 『ワタシプラス』でしか購入できないWeb限定品となっています。

夏の紫外線を浴びたお肌のケアは、これでバッチリ!かも?

 

資生堂HAKUブランドサイトをチェック!HAKU メラノクールホワイトソリッド