夏でも冷え性の女性が増えている?改善におすすめの飲み物と対策とは?

梅雨明け目前。

晴れれば太陽が照りつけて暑くなり、曇ったり雨が降ればジメっとした暑さになり…

日本の夏はますます厳しいものになってきています。

 

こんなに暑い時期なのに、身体が冷えて仕方ない「夏の冷え性」に悩まされる人が結構いるんですよ。

特に女子はね。

 

スポンサーリンク

夏でもホットドリンク派が意外に多い事実

ネットのアンケートなどの調査を見てみると、夏でも、温かい飲み物を飲む人が結構多くいらっしゃるようです。

 

参考リンク:マイナビウーマン「夏でもホットドリンク派の女子は…」

 

アメーバブログ・ブログネタ「夏でも温かい飲み物飲みたい?」

 

そう、イマドキの女子のみなさんは、冷房による冷えにお悩みなんですよ。

職場や学校、お店などでも、ガンガン冷房がきいてますしね。

 

私も、あまりに冷房がきいた場所にいるとすぐに身体が冷えてきてしまうので、あったかい飲みものが飲みたくなる気持ちもよく分かります。

 

 

冷たいものの摂りすぎには気をつけて!

とはいえ、暑いときはやっぱり冷たい飲み物や食べ物が欲しくなる時もありますよね。

でも、冷たいものを摂り過ぎてしまうと、このあと却ってつらくなってしまうかも。

 

冷たいものを摂りすぎると、内臓が冷えて消化機能が低下してしまうので、胃腸が疲れて食欲が減退してしまったり、夏バテを招いてしまう原因に。

また、余分な水分が身体の中に滞留してしまい、むくみに悩まされることも。

むくみは冷え体質に拍車をかけてしまいます。

 

冷たいものを摂る際には、その摂り方に注意したいところです。

冷たい飲み物の、ガブ飲みや一気飲みはNG!

内臓に負担をかけないよう、少しずつこまめに飲みましょう。

 

 

おすすめのホットドリンクは何?

では、夏の冷えから身体を守るためには、どんな飲み物を飲んだら良いのでしょうか。

コーヒーがお好きな方などは、夏でもホットコーヒーを飲むという方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、コーヒーそのものが身体を冷やす性質がある飲み物なので、ホットだろうがアイスだろうがあまり関係ないんですね。

ほかにも緑茶など、カフェインの入った飲み物は身体を冷やしてしまうので、冷え性対策にはあまり向いていないかも。

 

一方、紅茶ウーロン茶といったいわゆる発酵したお茶は、身体を温める作用があるんだそうです。
血行を促進する効果があるココアも良いですね。

 

また、香辛料も温め効果をさらにプラスしてくれるのでオススメです。

ショウガは血行を良くする効果がありますし、シナモンは身体の芯から温める効果があるそうです。

 

このことから考えると、インド生まれの紅茶の「チャイ」は、まさに理想形じゃないですか?

紅茶に、シナモンやジンジャーなど、身体を温める作用があるスパイスを使ってますから、温め効果が抜群だと思います。

チャイに含まれている香辛料には、発汗を促すことにより、体温を下げる作用もありますから、冷房で身体が冷えている時だけでなく、暑いときのクールダウンにも良さそうです。

さすが、暑さが厳しい国インドの飲み物。理にかなってますね。

 

 

他にできる冷え対策は?

前述してきたように、身体の内側から温めることも大切なことですが、他にもできる対策はいろいろあります。

 

★ついついシャワーで済ませてしまいがちなお風呂タイムは、しっかり湯船につかって身体を温める。(38℃~40℃ぐらいのぬるま湯がベター)

 

★首や足首など、いわゆる「首」がつく部分を温めることを意識してみる。
手首や足首をまわしたりなど、簡単な運動やストレッチをするだけでも、だいぶ違ってきます。

 

あとは、服装ですね。
夏は半袖とかサンダルとかでどうしても肌の露出が増えますから、冷えを感じたときに一枚羽織れるものを常備しておきたいですね。

 

 

最後にまとめ

年々、暑さが厳しくなっている日本の夏。

一歩外に出れば尋常じゃない暑さで、屋内に入れば、冷房がよく効いていて。

激しい気温差についていくのが大変で、身体が悲鳴を上げているかもしれません。

だからこそ、日頃のケアがとても大切になってきます。

 

そういう私も、完璧なケアができているわけではないですが、無理なくできることから始めてます。

水分はなるべく常温以上のものを摂るようにしたり、冷たいアイスの一気食いは止めたり(笑)
少しずつ習慣化していければと思っています。

みなさんも、できることから始めてみてはいかがでしょう。

 

 

スポンサーリンク